スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京AIM取引所が沖縄へ?

新聞での連載コラムが終わり少しほっとしています。
やはり文章を書くというのは難しいなぁと実感させられました。
無から有を生み出すことは大変です。

新聞の中で日本国内にもオフショア金融特区創設をという内容を数回書きました。
このアイデアはたくさんの著名人や政治家も提案しています。

そんな中、東証AIM取引所の沖縄、名護への移転検討がされている記事を知人の方から送付頂きました。
AIM取引所はプロ投資家向けの市場として2009年に設立され、ようやく1つ目の新規上場が行われたばかりです。

Tokyo AIM

シンガポールのカタリスト市場といい、いろんな取引所は作られていきましたが、あまりうまくいっていないというような気がします。沖縄は是非富裕層向けの資産運用を中心としたサービスを検討してもらいたいものです。

日本の税制がある限り無理なのでしょうか。。。
日本の税制では世代間を超えた資産運用は実質不可能です。

緩やかに管理しながら、お金をアンダーグラウンドに流れないようにする政策をとるべきだと思います。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

被災地ファンドの年利

震災から3か月。いろんな震災関連のものがある。そんな中でも業界で関係あるのが復興支援型ファンド。便乗商法も随分ありそうで怖いところもありますが。。。

復興支援型のファンドには、被災した会社に直接出資する、被災地の自治体や企業が発行する債券等に投資する、日本国内全体に投資するもの様々です。

代表的なのが「セキュリテ被災地応援ファンド」最低申込金額は 一社10,500円から。内訳は出資金5,000円、応援金(寄付)5,000円、出資金取扱手数料500円。投資期間は5~9年程度で、当初一定期間は無分配ですが、その後は売上に応じて分配。出資者には「復興後に初めて出荷される製品が送られる」などの特典も用意。

取扱い手数料500円が出資を集める会社が徴収します。
出資額が5,000円で手数料が500円ですから手数料10%。
合計が2,500万円で、手数料250万円。
ファンドマネジャーの仕事も無いですから、実質ファンド管理会社としてはかなりいい手数料が徴収できますね。

投資期間が営業開始日から8年10ヶ月(106ヶ月)
会計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(70ヶ月間):売上金額の1.00%
出資合計額:2,500万円(5000口)
義捐金:2,500万円

予想リクープ平均月売上金額 35,714,286円(税込)→3,500万円として1%、35万円/月
被災前概算平均月売上金額 12,250,000円(税込)→1200万円として1%、12万円/月

投資期間が106か月で配分期間が70ヶ月。
35万円×70ヶ月=2,450万円÷106ヶ月×12か月=277万円÷2,500万円=約11%(年利)、複利計算だと7.758%
12万円×70ヶ月=840万円÷106ヶ月×12か月=95万円÷2,500万円=約3.8%(年利)、複利計算だと3.28%

手数料を含めると
予想リクープでも約10%(年利)、複利計算だと6.6727%
被災前概算で約3.45%(年利)、複利計算だと2.20%

義捐金を含めると
予想リクープでも約5.28%(年利)、複利計算だと-0.665%
被災前概算で約1.8%(年利)、複利計算だと-5.109%
義捐金を含めたらいけないんだけど。。。

日本だと集まるんだろうけど、これを香港、中国でやれるだろうか。。。
投資としてみると相当きついものがある。

私も単純な投資、近年の投機に近いような投資には違和感を覚えていて、富の再分配制度の研究などもっとやってみたいと思う。愛憎半ばというか、震災ファンドをやってみたいけど運用からみるとかけ離れている。

最高100口。50万円。それぐらいならやってみるかとも思うけど、、、
今後も注目していきたい。

テーマ : ソーシャルレンディング
ジャンル : 株式・投資・マネー

ブログの息切れ。

パタッとブログの更新が遅れてしまいました。
毎日流れ行く情報をブログに書くのは大変なことです。
もう少ししっかりとした考察や思索をしたいという気もします。

一方、金融市場というのはどんどん毎日情報を流しながら動いています。
現在の日本は安穏とした今後ものんびりと利権の中で生活をし続けれらえる人
震災のサポートのように内に流れるお金。
外に流れるお金など、いろんな動きをしていくと思います。

投資の世界にいると主義、主張や思想は関係なくすすんでいきます。
そんな中でももちろん利益は追求しなければなりませんが、
その先には何があるのか。

色々考えてしまう今日この頃です。
気持ちの良い仕事をしながら利益を追求できれば最高だと思います。

181_Double_happiness.gif

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

クリスティアーノ・ロナウド、週給5,200万円?

ギリシャの格付けや市場はあまり面白くない局面ですが、
久しぶりにサッカーネタを。

ベッカムになり代わって世界有数の有名なサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドが週給5,200万円のオファーを受けている話。

現在はスペインのリーガエスパニョーラのレアルマドリーに所属していますが、英国プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドが週給40万£をオファーしたとか。単純に乗じると24億5千万円の年収となります。

2010年の世界スポーツ選手長者番付でロナウドは7位でしたが、もし再度イギリスに渡ることになるとどうなるのでしょうか。この年棒は実はサラりーとコマーシャルなどの合算なので、本業以外の収入もランキングに影響があります。マンチェスターシティだとやはり格が落ちるので、さすがに移籍はないでしょうね。

ただこの高額なオファーをだしたマンチェスターシティのオーナーであるシェイク・マンスール氏(Mansour bin Zayed Al Nahyan)はアラブ首長国連邦のアブダビ王族でUAEの大統領を世襲しているナヒヤーン家の1970年生まれの41歳!個人資産は226億ユーロ(約2兆6,000億円)を有しているとか。王族の総資産は6,780億ユーロ(約78兆1,590億円)???

Nathan.jpg
【ナヒヤーン家】

世界でもタイ国王につく個人資産を所有しているとか。個人で2兆円としても30億円近くの給料を払うと、資産2億円の人が30万円払う感覚だと思えば確かになっとくできるかも。。。

尚、世界のスポーツ選手長者番付も
世界の王族長者番付もフォーブス誌によるものでした。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2012年の選挙

現政権の次のことが叫ばれる日本の政治ですが、来年2012年は世界中で政治的な動きがあります。
これは様々な雑誌やコラムで書かれています。


2012年いは米国、フランス、ロシア、韓国で、大統領選挙が控えています。
さらに中国では、第18次全国代表大会が開かれ、代表選出党代表大会或いは党代表会議を召集し、中国共産党の出席代表を選出します。そして台湾も総統選挙があります。

obama.jpg Sarkozy-nicolas-office.jpg medvedev.jpg Li mying bak

xi-jinping.jpg Tsai Ing-wen

2011年は米国でQE2後のQE3の動向、
第三四半期、第四四半期の世界経済の動向が乱高下する相場になるのか
それとも第一、第二四半期のように静かな市場になるのか方向性を見る状況になっています。

日本は2012年までに大きな政治の動きがあるのでしょうか。
日本の人が目覚めるのか、それぞれに自分達が身を守るのか。
両方同時にすることが大切だと思います。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。