スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャのお金が海外へ流出?

日本には馴染みの少ないイースターの連休が終わりようやく通常業務となりました。久しぶりにゆっくりしたお休みでしたね。休み明けの株式市場は世界的に少し上昇。中国本土は連休ではありませんでしたのも関係あるのかないのか、下落しましたね。

それから連休中はしきりに人民元の切り上げ圧力のニュースがありましたけども。そんなこと一々反応するよりも気にせず余った資金は人民元にしておけばいいですよね。

4月ということで気分も一新しまして、ブログ題名やプロフィール、写真なんかを変更させて頂きました。細々とやっていきたいブログなので。

今日のウォールストリート日本版で目を引いたニュースが表題の「ギリシャのお金が海外へ流出」です。以下記事を抜粋と校正したものです。

Fira_Santorini,_Greece

「欧米株式市場が休場だった4月2日に米労働省が3月の雇用統計を発表しました。
非農業部門雇用者数が前月比16万2,000人増(増加幅3年ぶりの大きさ)でした。

最近の良好な米経済指標を背景にして、ユーロは対米ドルで下落しました。また、ギリシャの財政の健全性に対する懸念もユーロ安の要因とだったそうです。EU首脳会議で合意した、IMFが関与する支援策を、ギリシャは回避したい考えだと報じられたことで投資家心理が不安定になったそうです。

そして、ギリシャのアテネ証券取引所のアテネ総合指数(ASE)は46.33ポイント(2.2%)安となりました。ギリシャの家計と企業の資金がオフショアあるいは外国金融機関に流出していると報じられ、ギリシャの銀行株は大量の売りを浴びたそうです。

EFGユーロバンク・エルガシアスは4.3%安
ギリシャ・ナショナル銀行(NBG)は4.8%安
アルファ・バンクは2.3%安

銀行セクターについては上記理由だけでなく、トレーディングによる利益が減少したことや貸倒引当金を積み増したことから、直近の決算の利益が市場予想を下回っていたこともあるそうです。」

国が破綻しそうだったら、そりゃ海外へ資産を逃がしますよね。アイスランドが破綻しそうなときもアイスランドから逃がした人は多いんでしょうね。今もアイスランドの銀行預金補償問題は解決していませんからね。アイスランド国内の大口顧客は補償されて、外国人の大口顧客は補償されなかったという結果でしたから。

日本はどうなんだろう。国の財政だけみると破綻しそうだけれど、そんなに海外へ資産が逃げていると大々的には言われていない。関係がありそうな数字を思い浮かべると貯蓄率。

rate of saving

日本の貯蓄率は2009年のOECDのECONOMIC OUTLOOKで2.6%と試算されています。下がった貯蓄率ですが、これも計算方法に難があるといえば難がありますね。貯蓄額を可処分所得で割るという計算方法。

これとは別の貯蓄率が、国民経済計算の家計貯蓄率で

家計可処分所得から家計最終消費支出を控除し、年金基金準備金の変動を加えたもの。この計算でいくと、1970年代半ば以降長期的に低下傾向で、

1973年度 23.2%
2004年度 2.7%
だそうです。

単純に言うと余剰資金ということになるでしょうから、貯蓄か投資かはわかりませんよね。世の中にでているマクロデータって本当に意味あるんだろうか?

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

日本企業が続々とロシア市場へ進出

ユニクロがモスクワに出店する計画を発表し、カネボウも販売代理店を本格的に進めていくようです。BRICの中でも一番で遅れている感があったロシアがそろそろ動き始めるのでしょうか。

ロシアの株式市場は中国などと違いリーマンショック以前の水準までは全然戻っていません。ロシアの株式上場企業は8割が資源関連だと言われており、資源との相関が非常に強いです。しかし、原油価格などがかなり回復したにも関わらずロシア株式市場は伸びていません。

但し、今後はインフレが見込まれており資源関係や金、穀物に対する投資は有望視されています。
ロシアの人口は1億4千万人程度で中国やインドの足元にも及ばず1億9千万人のブラジルよりも小さい国内市場です。
日本企業は成功できるのでしょうか。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ロシアから香港への観光客、77%増と急増

香港の主要産業と言えば金融業、不動産業、観光業です。
香港の場合観光業といっても単純に旅行に来るだけではなくやはり投資のために来訪する人も多くなっています。

それは中国本土の人、世界中の華僑だけではなく欧米人、日本人もそうです。
丁度年初に香港の一等地の不動産投資を検討するため物件価格交渉にいきました。
その時、一番物件を多く購入したのがロシアの人達でした。

今日のニュースでロシアから香港への観光客、77%増と急増というニュースをみてそのことを思い出しました。
観光客が今回増えたのは4月23日に調印され7月1日から実行されたビザ相互免除協定があったからです。

ロシアから香港、そして香港からロシアと活発に人の移動が始まったようです。
ロシアからの2008年通年の香港への来港者は前年比13%増の37,000人。

ビザ免除実施後は2009年7月の来航者だけで2,863人で前年同月比+77%です。
すごい勢いですね。ビザ免除だけでこれだけ来るというのは相当需要があったのでしょう。

これはやはり単なる観光だけでなく、資産運用、オフショア投資が絡んでいます。
というのも、ロシア人からの口座開設依頼もあるんです。
それから、ロシアの大手企業が相次いで香港での新規株式公開(IPO)を計画もあります。

一方、インフラはまだ進んでいなくて香港―ロシア間の直行便は週4便。
中国経由で来ている人も多いみたいですね。

日本在住の人ももっとダイナミックに動けばいいのになぁと思います。
ロシア行ってみようかなぁ。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

アメリカの金融機関株で博打?

今、日本でもニュースになっているアメリカのノンバンク系消費者金融CITグループが破産法を適用する可能性がでてきました。

CITグループは機械や航空機などを主力とするリース事業を手がけ、昨年まで中小企業向け融資で米国内最大規模を誇っていました。低所得者向け高金 利住宅ローン(サブプライムローン)に絡む事業で損失が膨らみ、2008年12月にはアメリカ政府から23億3,000万ドルの公的資本注入を受けていま した。

そして、今回のCITグループが破産すれば、アメリカ政府の不良資産救済プログラム(TARP)による公的資金投入での初めての損失となるようで す。しかもCITは2009年3月月末時点での総資産が756億ドル(約7兆円)と規模が大きく、破産法を申請すればリーマン・ブラザーズなどに続く金融 機関の破綻となるそうです。規模としてはGMに次ぐ、米国内で過去4番目の大型破綻です。

これからもこのような状況を迎える企業は増えるでしょう。一方、危ないと言われているアメリカン・エクスプレスの株価は随分戻ってきています。最悪の次期から比べて2倍以上の株価です。

博打好きの中国本土の人たちは伸び続けている中国株よりも博打度の高いアメリカ株で遊んでいるようです。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

スペイン人の資産家と出会いました

たまたまスペイン人の人と飲むことになりました。幸いスペイン語ができるということで紹介して頂きました。欧州とアジアを行き来している人で香港のあらゆる金融機関を利用している投資家です。

色んなところを廻った結果、銀行や大手金融機関が信用できず私のところまで辿り着かれました。とにかく担当者のレベルが低い、銀行にも痛い目を合わされたと相当ご不満だったようです。

一つの金融機関で全ての資産運用をしようと全部とりにいったり、いいタイミングでもないのに投資を薦めたり、とにかく無茶苦茶だとおっしゃっていました。金融機関に属しているスタッフ、雇われは売上達成目標ばかりで、全然なっていないと。

たまたま、あたった担当者にもよるのでしょうが、大手金融機関や単なるスタッフには仕方がないことなのかもしれません。幸いIFAは比較的そういうことはないです。それでも会社と対等の立場でないスタッフの場合は無理強いをされる場合は多いでしょうね。

香港や海外で金融機関で働いている日本人にも奮起をして独立し、最低限の免許をとってまともに勝負して欲しいと思います。やはり海外に来て日本人が勝負できるところはサービス精神や細かさだと実感しているので、今回も中国系、香港系よりも私を信頼してくれたのだと。

海外にいる日本人が言葉や専門知識の少ない日本人相手に商売するだけでなく、世界で誇れるアフターサービスで金融業をサヤ抜きだけでない全うなビジネスにして勝負していきたいと思います。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。