スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国本土へ移住する香港人増加

海に囲まれている日本では想像し難いことですが、香港から中国へは陸路で国境を抜けることができます。
香港の中心地である中環(Central)から地下鉄MTRにのって小一時間で国境の羅湖(ローウー)までたどり着きます。
金額は40.8香港ドル(約510円)ぐらいで中国本土の国境までいけるのですね。

羅湖で香港出国と中国入国手続きを終えると、1980年に経済特区が指定された香港のお隣である深圳市(しんせんし)に着きます。
バスで行くともっと便利なのですが、だいたい1時間で香港の中心まで通えますから、日本の通勤事情と比べてあまり変わりませんね。

しかも中国と香港の物価は雲泥の差がありますから、シンセン市に移住する香港人もどんどん増えています。
現在61,865の香港人がシンセンに居住しています。香港の人工が約700万人ですから1%弱が移住しています。

移住している典型的な例は40代半ばで中国本土の奥さんを持ち、中国国内の中間管理職をしている場合です。
あとは退職後のリタイア生活をしている香港人が3分の1ぐらいいます。

生活費は香港の半分ですから、自然とそういう状況になってきています。
日本の場合そこまで生活費が安くならないですから、選択ができないですね。
言葉の問題もありますし。

今後も香港と中国の住み分けは広がっていくと思います。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。