スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に行く際はご注意を!日常化する人民元の偽札

中国が投資先として有望なのは世界ですでに認知されています。
20年ぐらい前中学生だった私に塾の先生が「これからは中国もすごくなるね」と言ったことが印象に残っています。
今も経済に関して言うと中国が終われば世界が終わりぐらいかもしれません。

一方、日本でよく言われる中国崩壊論やウイグル民族への対応、ここ数日はミャンマーと雲南省の国境がどうも怪しい状態になっていきています。さらに身近なところでは人民元の偽札の多さが問題になっています。

香港のドキュメンタリー番組で人民元の偽札対策をやっていました。近年の香港の観光業はもっぱら中国本土からの観光客に頼りきっています。どこでも人民元の現金受け入れを認めています。

番組では色んな種類の偽物と本物をまぜて各店舗のマネジャーに見分けさせていましたが、100%見極められた人は一人もいませんでした。それから、 偽札をチェックする機械の紹介もありました。機械の値段はピンからキリまであって200人民元(約2,600円)から10,000元(約130,000 円)でした。主な技術的な違いは磁器が一つか二つか程度のもので技術的に高度なものでなくあまりこちらも信用できません。

中国人民銀行のホームページをみても偽札注意のページがあり、気を付ける点が記載されています。
私自身、銀行で受け取る時に偽札がある場合もあったこともありますし、とにかく100元(約1,300円)や50元(約650円)といった大きい金額の紙幣は気をつけたほうがいいです。また、新札より、くちゃくちゃの汚いお金のほうが安心だったりします。

海外に行くと自己責任が一層高まりますので、自己防御しましょう。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。