スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港で出資を集めて投資する方法

今日は朝から機嫌がいいです。というのも以前書いたSFCのライセンス12(アセットマネジメント)の試験通りました。ライセンスの中でも比較的通りやすい試験ですが、やはり試験というのは通ると嬉しいものですね。

今日はこのライセンス12にも関係あることを書きましょう。このアセットマネジメントは日本語で言うと資産管理ですが、お客様から一任勘定でお金を預かり投資ができる免許でもあります。

日本では出資法あり、出資法第二条で業として預り金をすることは資格がないと禁止されていますよね。香港でも同じように業として行うには資格が必要です。香港で出資を集めて投資をするには以下の3つの方法があります。

1. 50人以上の場合:ファンドを設立、一般の投資信託と同じ仕組み

2. 50人以下の場合:ファンドを設立、銀行のカストディアン(証券保管機関)サービスを利用する

3. 50人以下で、投資家との信頼関係が強固な場合:香港法人を設立し、転換社債を発行してそれに投資家が投資する。

自社ファンドを組成すること自体はそんなに難しいことではありません。3.の場合はライセンスの必要もありません。ライセンス12をとって他の1、 7、8、ライセンスと合わせてアクティビティ9があればファンドマネジャーになることが可能となります。今回の情報はざっくりしたものなので、詳細は質問 してください。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。