スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融市場の行方

世界中で心配されているように金融市場、金融システムそのものが崩壊へと向かうのではと恐れられている毎日です。

最近懸念されている流れは、米ドル下落、欧州危機、そして中国バブル。

少し前まで遡っても2009年ドバイショック、2008年サブプライムローン、リーマンショック。
どんどん期間が短くなっています。

9月初めのプライベートバンクや投資銀行でのカンファレンスでも同様の議題ばかりでした。

昨今の金融不安や2010年9月に公表されたバーゼルⅢの導入を見据え、欧米の金融機関が急いで資金を集めていました。オランダ、ノルウェー、デンマーク、フィリピンなどの農協系の銀行や中堅銀行が香港へ社債発行のプレゼンに来ていました。

欧州内でのギリシャ、ポルトガル、アイルランド、スペインなどの債務の持ち合い度合いはかなり深刻でした。米国もひどいですが、欧州の深刻さが米国をましに見せるぐらいです。一方、中国をはじめとする新興国の時代であることが確実であると数字的にも、金融機関の意見でも明確に見受けられました。

投資戦略としては【投資対象:理由】

・短期債券:長期債券は騰落率が高い
・保険付、信用度の高い新興国債券:ハイイールド債の利回り急激に悪化、新興国債券は耐性が強い
・新興国物流、インフラ、ブランドへの投資:新興国の安定した成長、エネルギー消費
・株価が低迷しているキャッシュリッチカンパニーへの投資
・アジア通貨、ポンド、東ヨーロッパ通貨:過去5年対米ドルのアジアバスケット通貨の伸び率30%
・コモディティ:安定した金
・ヘッジファンド(グローバルマクロ戦略):世界株式市場との相関0.27と低い
・ヨーロッパ不動産会社(商業不動産):シドニー、ロス、ロンドン、NY、パリ、フランクフルトなどの家賃粗利5%程度、アジアは軒並み4%から3%以下。

中国市場について

経済成長は鈍化しているが成長は続けている。
銀行融資の引き締めはリーマンショック以前と比べても変わらない。
政府の公共投資の効果は薄れている→中国独特の資金は豊富になると全員、または会社も投資家となり実業、投資対象となる会社などが少ない。
中小企業は非常に厳しい状況にある。
2020年が一つのピーク?
2015、2016年あたりには人民元の自由化?香港ドルも統一???


香港にいるとほんと最前線の話が聞けるので面白い。
中国経済について話されたのはクレディスイスのアジア地区最高責任者兼チーフエコノミストのDong Tao氏でした。
こちらは少し古い動画ですが、参考までに。Dong Tao, Chief Regional Economist, Asia Pacific, Credit Suisse at AIC 2010
香港、アジアでは著名なエコノミストで、プレゼンテーションの切れ味も良く、かつ聴衆の目線で話をされ大変面白く勉強になりました。

やはり投資はリアルなものにしていくべきでしょう。
ブログ書く時間がほんとありません。

講演会やセミナー開催は承ります。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。