スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも日本の富は世界第二位

恒例の世界の富裕層レポート(World Wealth Report 2011)が出ました。
100万米ドル以上の投資可能額を持つ人を富裕層と定義しています。

capgemini_logo_1.jpg

まず富裕層の資産は2008年の金融危機以前のレベルにまで回復しました。
アジアの富裕層は欧州を抜き、米国についで2位となっています。
しかし、依然世界の富裕層の53%は米国、日本、ドイツに集中しています。
中国もまだ第4位。

20110625_WOC074.gif

日本人も明治以降の蓄積された富はまだまだ捨てたものではありませんね。
それぞれの資産がどのように推移しているか下記のように記述されていました。

Wealth.jpg

日本人の預金、債券志向は数字でみてもその通りなんですね。

Wealth 2

日本の高齢化も富裕層も同じ状況です。そうなってくると日本の場合、相続税の壁にぶち当たります。
下図で見ると日本はやはり団塊の世代が多いですね。

Wealth 3

このような富裕層の場合はまず資産保全が重要となり、租税、法律の対応が重要となります。
それから運用、またはファイナンスといったものを絡めながら対応しますので相応の国際間での経験や専門性が必要となります。

日々研鑽していくしかありませんね。


テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。