スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地ファンドの年利

震災から3か月。いろんな震災関連のものがある。そんな中でも業界で関係あるのが復興支援型ファンド。便乗商法も随分ありそうで怖いところもありますが。。。

復興支援型のファンドには、被災した会社に直接出資する、被災地の自治体や企業が発行する債券等に投資する、日本国内全体に投資するもの様々です。

代表的なのが「セキュリテ被災地応援ファンド」最低申込金額は 一社10,500円から。内訳は出資金5,000円、応援金(寄付)5,000円、出資金取扱手数料500円。投資期間は5~9年程度で、当初一定期間は無分配ですが、その後は売上に応じて分配。出資者には「復興後に初めて出荷される製品が送られる」などの特典も用意。

取扱い手数料500円が出資を集める会社が徴収します。
出資額が5,000円で手数料が500円ですから手数料10%。
合計が2,500万円で、手数料250万円。
ファンドマネジャーの仕事も無いですから、実質ファンド管理会社としてはかなりいい手数料が徴収できますね。

投資期間が営業開始日から8年10ヶ月(106ヶ月)
会計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(70ヶ月間):売上金額の1.00%
出資合計額:2,500万円(5000口)
義捐金:2,500万円

予想リクープ平均月売上金額 35,714,286円(税込)→3,500万円として1%、35万円/月
被災前概算平均月売上金額 12,250,000円(税込)→1200万円として1%、12万円/月

投資期間が106か月で配分期間が70ヶ月。
35万円×70ヶ月=2,450万円÷106ヶ月×12か月=277万円÷2,500万円=約11%(年利)、複利計算だと7.758%
12万円×70ヶ月=840万円÷106ヶ月×12か月=95万円÷2,500万円=約3.8%(年利)、複利計算だと3.28%

手数料を含めると
予想リクープでも約10%(年利)、複利計算だと6.6727%
被災前概算で約3.45%(年利)、複利計算だと2.20%

義捐金を含めると
予想リクープでも約5.28%(年利)、複利計算だと-0.665%
被災前概算で約1.8%(年利)、複利計算だと-5.109%
義捐金を含めたらいけないんだけど。。。

日本だと集まるんだろうけど、これを香港、中国でやれるだろうか。。。
投資としてみると相当きついものがある。

私も単純な投資、近年の投機に近いような投資には違和感を覚えていて、富の再分配制度の研究などもっとやってみたいと思う。愛憎半ばというか、震災ファンドをやってみたいけど運用からみるとかけ離れている。

最高100口。50万円。それぐらいならやってみるかとも思うけど、、、
今後も注目していきたい。

テーマ : ソーシャルレンディング
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。