スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不信任案ゴタゴタの陰で「コンピュータ監視法」可決

ここ数日の不信任案。予想どおり何も変わらず。相変わらずの日本です。
そんなどさくさの中、「コンピュータ監視法」が5月31日に可決したことご存じですか?
震災以前から審議されていた法律だそうですが、やはりこういう立法に対して無関心なのが今の日本を作り出した原因の一つかもしれません。

コンピューター監視法とは正式名称、
「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」といい

警察や検察が捜査の必要があるときに、裁判所の令状なしに、プロバイダーなどに通信履歴を一定期間(90日を想定)保管させることができるというものです。

116-e1306935573575.jpg

元々の目的はコンピューターウィルスなどを作る犯罪を防止するためのものですが、尖閣諸島やらいろんな問題も絡んで立法されたのか、なぜか通信履歴を保管させるという法律となっています。

令状なしにできるということはかなり自由裁量であって、ほとんど自由に見れてしまいます。

一応、警察の監視は外部に漏らすことが禁じられていますが、保存させた記録を任意(義務あり)で調べられればコンピューターの履歴を自由に見ることができます。昨今の検察や警察の不祥事を見ていると悪用されることが予想されるので、本当に怖いですね。今からでも自分で警察になったほうがいいぐらいかもしれません。

マスコミが独立した取材ができなかったり、共謀罪で問われたり、日本の警察が秘密警察化するのではというような極端な懸念がされるほど結構深刻な法案です。2004年、2005年に国会に提出され、廃案にされたそうですが、今回はすんなり可決。。。

コンピュータ監視法に2014年から住基ネット。
海外で海外の人達とビジネスを行い、日本を捨てざるを得ない日も近い。
日本は映画やアニメの世界にどんどんなっていくようで末恐ろしいです。。。

これからは英語や中国語でブログを書こうかなぁ、、、

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。