スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル市場サマリー、日本国内ブラジル関連ファンド

最近、日本を憂う話ばかりでしたので、今度は大きく揺れ戻し、日本でも投資されている方が多いブラジル市場(いまやブラジルは新興国というようり中心国ですが)の昨日2011年5月23日の数字を追いかけて見ます(参考はブルームバーグウォールストリートジャーナルロイター)。

【ブラジル市場】
・レアル対ドル相場 
 終値:1.630/1.632
 前営業日終値:1.613/1.615

USDREAL_5years chart
【レアル対ドル相場5年間推移】

・ボベスパ株価指数 BVSP  
 終値:62345.18(-251.34)
 前営業日終値:62596.52(+229.16)

Bovespa 5years chart
【ボベスパ5年間推移】

<ブラジル株式市場> 

ブラジル株式市場指数であるボベスパ株価指数は10ヶ月ぶり、2010年7月16日以来の安値反落し、0.4%安。
同指数構成銘柄のうち値下がりは45銘柄、値上がりは22銘柄。
ボベスパ指数は、インフレ加速がブラジルの経済成長を損なうとの懸念が強まるなか、昨年11月の高値から15%下落し、いわゆる弱気相場に近づきつつある。

欧州債務危機や中国の製造業活動の鈍化を背景とした景気鈍化への懸念によるブラジル輸出品需要が減少する思惑が株式市場を圧迫した。

また、世界の経済成長をめぐる不透明感を背景に商品価格が下落するなか、海外株安に追随した。さらにインフレ対策によるブラジル国内の利上げ観測もあり敏感な状態になっている。

Brasilian Real New_100_reais


【日本国内でのブラジル関連投資信託2011年5月情報】
投信情報サービス会社リッパーによると、2011年4月末日本国内販売ブラジル株ファンドの本数・残高は以下のとおり。

  (外国籍およびカッコ内は前月末時点、なお百万円以下は四捨五入)

2011年4月末   (2011年3月末)
 国内籍:34本(34本)5696億8,300万円(6211億6,600万円)-8.2%
 外国籍: 1本( 1本) 4億0,300万円(  4億2,700万円) 
 資金流出入動向   -593億0,000万円-251億0,000万円

減少は2カ月ぶり。資金の流出超は10カ月連続となった。
長引く資金流出については、「キャピタルゲインだけを追求するのではなく、高い分配が欲しいとなると、通貨選択型など多分配型への乗り換えを考える投資家は多い。
足元の基準価額が円安など背景に上昇していることもあり、投資家にとって解約しやすい状況にある」との声もある。

4月の個別ファンドでは、国内籍34本中30本が流出超(3月は34本中30本が流出超)。
中でも残高トップの「HSBCブラジルオープン」からは約141億円が流出。
3月に残高4位の「野村ブラジル・インフラ関連株投信」からは約126億円が流出し、4月の残高ランキングでは順位をひとつ落とした。

<2011年4月末ブラジル株ファンド個別残高ランキング>

1 HSBCブラジルオープン 1,559億円 HSBC投信
2 ダイワ・ブラジル株式オープン─リオの風─ 760億円 大和住銀投信投資顧問
3 BNPパリバ・ブラジル・ファンド(株式型) 583億円 BNPパリバ
4 シュローダー・ラテンアメリカ株投資 442億円 シュローダー
5 野村ブラジル・インフラ関連株投信 412億円 野村アセットマネジメント

ここ3,4年のブラジル流行はすごいですが、過去にも中国、インド、東欧・ロシア、BRICsなど、多大な注目を集めた投資対象国・地域が大量の資金を集めたことがありました。過去の事例では、中長期で成長が期待されるこうした新興国への投資であるにもかかわらず、多くの投資家は「短期で儲かる」との期待がほとんどだったのではないでしょうか。

その結果、投資対象としての魅力が減じたわけではないのに、大多数の投資信託が資金が流出に転じました。果たして、ブラジル・ファンドも同様の顛末となってしまうのでしょうか。2011年の日本国内販売のブラジルファンドの状況を見ると少し兆候が見受けられます。

但し、現在のブラジル投資流行は過去の中国やインドといった新興国の流行と、大きな違いがあります。
その違いは、債券に投資するタイプの投資信託が多数あることです。かつ毎月決算型が多いことです。

<2011年5月23日現在ブラジル関連ファンド個別残高ランキング>

1 ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) 7,253億0,300円 大和証券投資信託委託
2 (通貨選択S) 新興国債券<レアル>(毎月) 6,663億8,700万円 三菱UFJ投信
3 米国ハイ・イールド レアルコース 毎月 6,370億0,200万円 野村アセットマネジメント
4 SMBC・日興ニューワールド債券(レアル) 4,090億6,200万円 三井住友アセットマネジメント
5 アシュモア新興国財産3分法F毎月(レアル) 3,923億5,400万円 日興アセットマネジメント
6 エマージング・ボンド・ファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配型) 3,689億0,200万円 大和住銀投信投資顧問
7 LM・ブラジル国債ファンド(毎月分配型) 3,431億0,800万円 レッグ・メイソン・アセット・マネジメント
8 野村 新米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月 2,881億0,700万円 野村アセットマネジメント
9 ダイワ・ブラジル・レアル債オープン(毎月) 2,354億5,000万円 大和住銀投信投資顧問
10 HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型) 2,234億3,300万円 HSBC投信

ブラジル債券への投資額は株式に比べて半端ない金額ですね。
時価総額が一番大きいブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)で、設定時2008年11月26日~2011年4月28日で、

ファンド騰落率:55.5% (手数料やら税金は引かれていません)
2年半でこの数字は悪くありませんね。投資開始時からやっていればの話ですが。
毎月配当型なので、利益確定ができるので、日本では人気がある商品なのでしょう。

粗利十数パーセントとして、手数料、税金をさっぴくと5-8%ぐらいの年利ではないのかなぁと想像します。
多くのブラジル関連ファンドが2008年の金融危機以降に設定されたことを考えると、一度も大きな金融危機を経験していないためどのようにリスクヘッジができるのかが懸念材料かもしれません。

一方下記が世界トップ10のブラジル株式ファンド(ブルームバーグ検索)
Brazil Top Fund by bloomberg

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。