スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキュリティ被災地応援ファンド

市場の話よりも未来の希望を見つけたいと思う今日この頃。
あまり市場の話を書く気が起こりません。
そんな中でやはり『ほぼ日刊イトイ新聞』はいいところに目をつけます。

-以下抜粋-
「震災から光の射すほうを見つめて、よいしょっと立ち上がり歩きはじめた人たちの事業に、出資をすることにしました。
セキュリテ被災地応援ファンド』といって、

最低申し込み金額:10500円
出資金        :5000円
応援金(寄付)   :5000円

誰でも「出資者」として参加できそうです。
むろん厳しく「分配」を期待しないでね、という感じではありますけれど、
「出資者」が事業を見守るのは当然のことで、うまく行くこと行かないことを、
何年という単位で見続けることになります。
ぼく個人も申し込みましたが、会社としても「出資」することになりましたので、
忘れてたら職務怠慢になっちゃいますよね。」-抜粋終了-

運営会社は「ミュージックセキュリティーズ株式会社
エンターテイメント関連の投資ファンド組成や証券化を専門としているところです。
詳しくは存知あげませんが企画は面白いし、こういうお金の流れる方向を作るという事業は今後の金融業界が目指すべきことだと考えています。

ただ投資の側面からみると日本円なので、円での損失リスクが大きすぎるのではないかと感じてしまいます。
投資や金融はあくまで利益をあげるところに重点がおかれます。

ソーシャルビジネスと言われるマイクロファイナンスでさえバングラディシュでは相当利益を出す金融業です。
日本からの参加者はNPOが主体で現地では考えられないほどの利益率の低さらしいですが(在香港バングラディシュ銀行の頭取から聞いた話によると)。

Microfinance.jpg


学生時代にお世話になった陸前高田市の八木澤商店さんもこのファンドの中に含まれていたので、
お手伝いさせて頂きたいと思いますが、数字や中身をやはり検討してみないと何とも言えません。
地域開発経済で勉強したのは自立ができることを前提にしないと持続継続しないケースが多いらしいです。

八木沢商店ファンド
八木澤商店

Yagisawa.jpg
【八代目 河野和義さん、ご無事で何よりでした!】


リターンをしっかりあげながら、セキュリティ被災地応援ファンド海外からできないものでしょうか。。。

テーマ : ソーシャルレンディング
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。