スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弄ばれる日本円

今週はコモディティの大幅下落とリバウンド、そして介入後安定するかと思われた円が対米ドルでまた上昇したことが一つのトピックでしょう。

円は市場ではすでにかなりトリッキーな投資対象の一つになっています。政府による介入の結果がどうでるか、はたまた介入のニュースがあるかどうかで上下動が激しくなる通貨です。

近年の日本円は世界的に株価がさがると上昇するという不思議な動きをしています。現在の円高が続けられている主要因であるキャリートレード。金利の安い日本円でお金を借り、利回りの高い投資を行う。ヘッジファンドなどが多く利用しています。

一方、日本国内は過去20年にわたりほとんど物価変動がないので、国内では特に問題にならない、金利の上昇。
逆に、金利をあげてしまうと、国債の利率が上げざるを得ない。日本政府も金利コントロールは手段から捨て去っているので、ヘッジファンドや外国筋に避難場所としてやキャリートレードとして日本円が利用される。

引き続く円高で海外投資では利回りは出しやすい。日本は輸出がしづらくなる。こんな状況から日本円、日本経済は脱出できなくなるのではないでしょうか。

JPY_1st May to 6 May 2011
<直近5日間の円の動き>

インフレの続く世界では投資をして利回りを稼がなければ、お金の価値は目減りしていきますが、
デフレが長く続く日本ではお金を持っているだけで利回りがある。

[世] 日本のインフレ率(消費者物価指数)の推移(1980~2011年)

日本で生活する限りは日本円が必要だが、生活に必要なもの以外は海外で投資して利回りを増やす。
日本の金融機関や企業がやっていることを個人もやるべき時代がきているのだろうか。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。