スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移住先は空気のいい場所がいい

ロンドンのスモッグがすごいらしい。東アジアへの旅行が原発の影響で少なくなっており、アジアから欧米への旅行が増えると言われていたが、そのヨーロッパのロンドンであまり芳しくないニュースが。

写真をみるとひどいのがよくわかる。ヨーロッパはこれからイースター休暇に入るにもかかわらず、ロンドンでは外出できるようなものではない。

London smog 3

ロンドンは1952年にもスモッグ事件があったほど、大気汚染はひどい。1952年には10,000人以上亡くなったとされている。
香港の大気汚染もかなりひどく、毎朝のニュースで大気汚染の状況が報告されるほどだ。

Hong Kong smog

ロンドンも香港も金融都市としては優れているが、住環境はいいとは言えない。お金を置く場所と住む場所は別でも構わない。移住する場所は空気のいい場所のほうが良いと思う。当たり前だけど。

ついでと言ってはなんですが、世界で一番大気汚染のひどいところを調べてみた。2007年の時点では中国山西省にある臨汾(リンフェン)市だと米国のブラックスミス研究所はランク付けていた。石炭や鉄鉱石がとれる場所でその開発による影響が大きい。

Linfeng.jpg


今は西アフリカ、セネガルのケドゥク州にあるアルティサナル鉱山での大気汚染が深刻な状況であるらしい。この鉱山は資源メジャーなどには属さず様々な企業や人々が独自に掘りあっているとのこと。世界50か国の発展途上国から1300百万人以上の男女、子供などが従事しているらしい。人権問題もある劣悪な環境下にある。

Aristrus Mining

世界的に価格があがりつつある金、世界一汚染の進むセネガルの鉱山。金融で栄える先進都市もスモッグで侵される。なんとも循環の悪い社会なのではないでしょうか。富の再分配をもう一度考える時期に来ています。

最後に、世界で一番空気がきれいと科学的に実証したとされているのがオーストラリアのタスマニア島らしい。オーストラリアの研究所発表。

Tasmania.jpg

確かにタスマニアって原始のものがそのまま残ってそうですよね。
行ってみたい。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。