スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過熱する金への投資

金への投資話が巷では盛り上がっています。香港の新聞のトップにもジム・ロジャースが金の値段を2,000米ドルまであがると予測する記事が掲載されていました。

金への投資はファンドをはじめとして様々な投機筋が主要投資先としていますし、中央政府も金保有率を維持していることから市場の品薄感は否めないという理由が報道されています。

今までの常識でいくと、金は米ドルが弱まると金価格が上昇する傾向にあります。今は世界的に現金紙幣をもちたがらない傾向から金価格の上昇が起こっているのではないかと見られています。つまり紙幣よりもモノの価値が高くなるインフレ傾向です。

金の話題はここ2,3年常にでたり、おさまったりしています。中国の景気が最盛期を迎えた2007年末ぐらいには金需要も旺盛でしたし、リーマンショック以降は世界的に金資産への投資がすすみました。

そして、さらに世界的な経済回復の脆弱さから今回3回目と言える上昇期を迎えたのでしょう。個人的にはこのような一箇所に投資が集まることはあまり よくないと思います。ただ現在の投資環境は投機と言えるお金で短期的に上下動することは否めませんので一部お試しするのは悪くないです。

投資はよく検討してから行ってください。

テーマ : 中国株
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。