スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙われる日米不動産

少しずつ状況が確認できているという日本の状況ですが、そんな最中に日本経済は円安と原油高、世界的なインフレに対する円安傾向で悩まされる可能性が大きくなってきました。

過去10年以上ほとんどインフレがなかった日本と違い、世界はインフレの状態です。各国も金利を上昇させる動きに入っています。

一方、経済の中心地としての力を失った米国、米ドル。そして、失った20年間を持つ日本経済。そんな中世界の投資家達は日米の不動産を狙っています。今回の震災、津波、原発の安全問題、近頃ニュースレポートで見る世界的な伝染病の恐れにも関わらず、動けない不動産は現物で身近に感じられることもあってか根強い投資対象のようです。

US Typical house

米国のほうは狙うといっても投資家に売るために狙っているもので、利益重視とはいいにくいかもしれません。

米国だと地方にいくと頭金10%程度で一軒家を購入することが可能な場合もあります。地方の物件だとUSD80,000も出せばかなりの大きさのものが買えますからUSD8,000で購入できるという安さです。

さらにサブプライムローンの余波で債権が滞っているものを買い取るディストレスト債権住宅ファンドなどがありますが、それだとUSD5,000もだせばそのまま物件を手に入れられるというような話まで、遠く離れた香港まで届いてきています。

ランドバンキングですら、シンガポールや香港まで来て、次は物件そのものや債権までアジアに売りにくるとは。。。すごい商魂。

Tokyo.jpg

一方、日本の東京は何と言っても世界の大都市Tokyoですから投資家達が虎視眈々と投げ売りを狙っています。

日本の場合はそのような住宅やベッドタウンの話ではなく、東京のど真ん中のオフィスなど利回りが確実に確保でき、転売もできそうなものの話です。少し前まではやった日本のREITや不動産証券化の会社がどこまで持ちこたえられるか。日本国内の金融機関の貸し渋りもありこれからの状況を見守っていきたいと思います。

震災に負けずに日本のビジネスマン、金融マンには頑張ってもらいたいところです。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。