スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港における銀行の機密性

あっという間に9月になりました。8月はまたもや結局2件しか、ブログを更新せず。相変わらずアウトプットが少ないなぁと自分では思ってしまします。でもブログなんかには書かないけれども、たくさんのいろんな話があるんですよね。

でもマーケティング用途で書いているブログではないので、自分のアウトプットノートとして使っているので数少ない読者の方々許して下さい。

ますます香港や海外のディープな金融や会計の世界につかりはじめると面白いものです。
そんな中で結構一般の方々が気になるところが香港における銀行の機密性でしょう。

長期的に金融のビジネスをしていくために合法性を追求していく作業を繰り返しています。
お金には全くならず、費用がかかるばかりでしが仕方ありません。
もともと研究者になりたかったので、調べることに喜びを感じるのでまぁ楽しくはあります。

Bank secrecy

銀行口座については全世界ほぼ共通でマネーロンダリングや刑事事件にかかわった形跡や証拠が無い限り、情報開示を求めることは非常に困難です。

一方でもちろんG8の国々ではOECDのレポートによると各国の税務当局や金融当局からの問い合わせに応じて情報交換が容易にできるよう法制度をすすめる動きがあります。

もちろん犯罪に絡んだマネーロンダリングやテロ資金を防ぐことが一番の目的です。さらに脱税行為もこれに含まれるものですが、脱税についてはある国では脱税行為にあたるが、例えば香港のようにかなりのものに課税がかからない場合があるので、捉え方は難しいですね。

住む場所が違えばこんなにも変わるものなのかと思います。

移住したり海外駐在するしかありません。

とはいえ、日本在住者が海外投資をしたとしても日本で申告をすれば源泉分離課税で利益の20%を税金として納めるだけですから、違法ではありません。

1,000万円投資をして10%リターンがでて100万円でそのうちの2割の申告ですから、20万円。80万円が純益となります。ですから税金や為替リスク、それらを取り扱う手数料や海外の不安を超えるぐらい利回りが出れば検討の余地があります。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。