スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとでた日本の話。国債の行方。

香港に来て8年。日本の投資関連の話はほとんど聞いたことがありませんでしたが、ようやく日本の話を聞きました。それも日本で昨今話題の日本国債の話です。

日本国内ではやたらと国家破綻の話がマスメディアで取り上げられますが、香港では聞いたことがありません。せいぜい国債の格付けについて。今日はようやく日本の国債発行の多さについて話がでました。

しかし、日本国債の保有者の約90%が日本国内でのものなので、ギリシャなどとは同じではないという話です。そして保有しているのは年金などのお金で購入されているとか。

Japanese_wartime_national_debt.jpg


日本の国債と異なりヨーロッパの国債は海外に購入、販売されています。日本も今後を考えると国内で国債が多く買われるという状況は少子高齢化、貯蓄率の減少など難しい状況ですから、年金の海外投資化、国債の海外販売という方向性が考えられるというアナリストチームの報告でした。

日本の銀行も海外融資をどんどん進めていますし、皆日本からお金が逃げていく話ばかり。次は人民元高と円安の際に海外からどんどん買われていく時代なのかもしれません。

それが本当の外国人が買うのか外国人の皮をかぶった日本人が買うのか。。。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。