スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の切り札?海外富裕層に対する投資移民許可

またまた更新が遅れました。忙しいというのは言い訳ですね。資格試験も申請はしていますが、受験できずにお金だけ払う始末です。アウトプットを少しでもださなければと思います。

しかし、実務上ではどんどん新しい知恵が生まれ続けています。本当に奥が深いですね。

今日の話題は香港では既に有名な投資移民制度です。香港では2003年10月から始まった香港へ投資する人への居住権授与制度です。総額650万HKドル(約7,800万円)以上の不動産または相当する金融資産を購入した外国人に居住権を与える制度です。

この制度については在籍している会社でもサービスサポートしていますし、たくさんの香港の日系会社でもサポートしています。インターネットで日本語情報もたくさんあります。

香港だけでなく、カナダやニュージーランド、アジア諸国で同じような制度が見られます。

CIES.jpg

今日のブログのポイントは既存のものではなく、日本の今後の経済立て直しや国内政治と絡んだ動きの中で日本で投資移民制度が検討されているということです。

最近の政治資金問題があったり、地方分権制度と地方への権限委譲が叫ばれる中、地方独自の税制や、投資移民制度が様々な政治家によって提案されたり、視察旅行がなされているんです。

小沢氏の中国表敬などがあったり、外国人の参政権などが提案されていますよね。その一連の流れとも関係するのかもしれませんが、海外の富裕層に対する投資移民優遇制度が検討されているようです。完全に居住権を与えるのではなく、制限付の居住権のようです。

これが日本経済の切り札もしくは起爆剤になるのかどうかはわかりませんが、真剣に実施に向かっているようです。日本でこんなことができるのかどうかわかりませんが、現在の不安定な中で大胆な政策だなぁと思いました。防御する術も無しに海外に開放するようなもんですね。食い物にされなければいいですが。。。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。