スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬、コモディティの上昇?


2010年の初め中国を初めとして大寒波でしたよね。北京では新年の積雪するのは13年ぶり、大雪も半世紀振りだとか、マイナス16℃は40年ぶりの寒さだそうです。一昨日上海の友人に電話したときも地面が凍っているとのことでした。

Beijing snow 2010

ここで思い出されるのが2年前2008年のお正月。この時も寒さが激しく大寒波と言われ、パイプラインが破損したり農産物に影響がでて、エネルギー資源や農産物といったコモディティ価格が大幅に上昇しました。

Crude Ol Monthly Price 2005-2009

2006、2007年と絶好調だった株式市場からのお金など、たくさんの投機筋もコモディティ投資に乗り換えたのもあり、そのまま世界的に一気にインフレに向かいましたね。そして、サブプライムローンの破綻、リーマンショックと世界金融危機へと繋がって、2009年のお正月は経済の大寒波だとニュースの見出しで書いてありました。

じゃあ今年2010年のこの気候と経済状況からまたコモディティが一気にあがるのかと少しニュースを注目していましたが、とうもろこしと大豆は間逆で価格が暴落しているではありませんか。20%近く価格がダウンしていました。小麦やお米といった他の農産物も同じような状況のようです。

Soy beans 2005-2009


というのも上のストーリーと同じように農業ビジネス側では2008年の旺盛な需要に合わせて増産体制をとり、2009年の需要減で商品が余り今年も農産物の供給がだぶついているという状況なのでしょう。

農産物のだぶつきに遺伝子組み換えによる供給は関係してきていないのでしょうかね。丁度、NHKBSでフランスのテレビ局がとったドキュメントやってましたよね。ちゃんとした臨床試験もせずにどんどん遺伝子組み換え農産物が使われつつある現実を(遺伝子組み換えモンサント社)。

Genetically modified corn

投資で自分たちの体に入るものが左右されてはたまったもんじゃありませんよね。JALの株もそうですが、乗る飛行機があんな株価の会社だと恐ろしいです。やはり価格だけに焦点をあてる投機は自分で自分の首を絞めるようなもんです。

投資はちゃんとしたビジネスをやっているのを応援して、世の中を帰れるようになればいいなぁと思います。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。