スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの金融機関株で博打?

今、日本でもニュースになっているアメリカのノンバンク系消費者金融CITグループが破産法を適用する可能性がでてきました。

CITグループは機械や航空機などを主力とするリース事業を手がけ、昨年まで中小企業向け融資で米国内最大規模を誇っていました。低所得者向け高金 利住宅ローン(サブプライムローン)に絡む事業で損失が膨らみ、2008年12月にはアメリカ政府から23億3,000万ドルの公的資本注入を受けていま した。

そして、今回のCITグループが破産すれば、アメリカ政府の不良資産救済プログラム(TARP)による公的資金投入での初めての損失となるようで す。しかもCITは2009年3月月末時点での総資産が756億ドル(約7兆円)と規模が大きく、破産法を申請すればリーマン・ブラザーズなどに続く金融 機関の破綻となるそうです。規模としてはGMに次ぐ、米国内で過去4番目の大型破綻です。

これからもこのような状況を迎える企業は増えるでしょう。一方、危ないと言われているアメリカン・エクスプレスの株価は随分戻ってきています。最悪の次期から比べて2倍以上の株価です。

博打好きの中国本土の人たちは伸び続けている中国株よりも博打度の高いアメリカ株で遊んでいるようです。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。