スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港ドルペッグ制の父、中国経済を不安視

港ドルペッグ制の父、中国経済を不安視という記事が香港の無料英字新聞「The Standard」に出ていました。香港のドルベッグ制の父と言われているジョン・グリーンウッド氏が中国の景気刺激政策について2年以内に問題になる指摘しているのです。

元香港金融局(HKMA)のアドバイザーであるジョン・グリーンウッド氏は現在も香港金融局に外部専門家として助言活動を続けています。グリーン ウッド氏は中国の貸付額の増幅、供給資金の拡大は短期的には効果をみせていますが、中期的にみると懐疑的にならざるを得ないと。。また、このまま貸付額が 増えていくとインフレの危険性が高まると言っています。

まぁ、公の場での発言ですからいたって常識的な当り前の指摘です。特に市場へのインパクトはないと思われます。

グリーン・ウッド氏は現在ロンドンにあるインベスコ・アセットマネジメントのチーフエコノミストです。インベスコのファンドは我々も取り扱っていま す。インベスコの商品はアジアに特化したものが多くアジア・インフラファンドやアジア消費財ファンドなどが注目しているファンドです。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。