スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー選手も税金対策が重要?

世 界的な不況にも関わらず、サッカーの世界では大型移籍が相次いでいます。イギリスのマンチェスターユナイテッドからスペインのレアル・マドリッドに移籍し たポルトガル人クリスティアーノ・ロナウドは史上最高の8000万ポンド(約129億円)。イタリアACミランからこれまたレアル・マドリッドに移籍した カカは6,500万ユーロ(約88億円)などこの経済状況でこの移籍ですから、相当なものです。それにはスポーツとは別の理由があるのです。

というのは税金。日本のJリーガーの給与は大したことないので、あまりピンとは来ませんが、世界の一流のプロサッカー選手の税金は普通の人よりも高額な税金が課せられます。今年スペインに一流選手が流れ込んだ理由の一つも税金ではないでしょうか。

スペインでは2005年から外国人サッカー選手に大して24%のみの税率となっています(以前は43%)。そして2009年にスペイン政府はこの法律の延長を発表しました。スペインはサッカー選手にとってはまさにオフショアなのですね。

ちなみに他の国のサッカー選手の税率は次のようになっています。イングランド39%、イタリア45%、ドイツ50%、フランス57%。これらのデータは少し古いので今は多少改善されていますが、ダントツにスペインが安いです。

税金の問題は世界共通ですね。香港に住んでてよかった。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。