スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急速に回復している香港不動産

中国本土、香港の株式市場は去年のリーマンショックから急激に回復しました。
株式市場を後追いする香港の不動産価格も急速に回復してきています。

2週間ぐらい前に読んだ日経新聞の記事ではバブルか?と書かれていましたが香港に住んでいる身としてはそういう気がしません。

不動産が良く売れている主な理由は2003年から始まっている投資移民制度が定着してきた、住宅金利が安いことなどが主な理由です。香港は実需から不動産価格が上がってきているものだと私は考えます。
実際自分で所有している不動産にもいい値段がついてきているので、売却しようと思っています。

また、香港政府のNo.2のポストである政務長官ヘンリータン(唐英年)は香港、広東省の交通網整備計画の中でこんなことを言っていました。

香港の一般的なサラリーマンが月給2万香港ドル(約25万円)程度では今の香港では余裕あるスペースで住めない。将来広東省の広州から香港まで30分程度で通勤できるよう交通網が整備されれば、中・低所得層は広東省から通えればいい住環境が与えられる。

香港では現在でも香港島は比較的生活レベルが高く、中国国境に近くなるほど生活レベルが低い傾向にあります。ということは香港は益々富裕層が住む場所として変化していくのでしょうか。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。