スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済指標の中で一番重要な失業率

香港株、中国株が堅調で、香港政府が14日に発表した第二四半期のGDP伸び率は、季節調整済みベースで前期比+3.3%となり香港経済は景気後退から脱却したとの見方が優勢となっていますが、どうなんでしょうか。

様々な経済指標の中で一番重要なのは失業率です。大学院生のときは専攻が環境影響評価手法をやっていたので、お金に関するものはほとんど勉強していませんでしたが、唯一経済指標を見る授業をとっていました。

アメリカの経済指標の発表後に日本市場がどのように反応するか細かくデータを見ていた時期があります。その中でもやはり一番重要なのが失業率でした。実態経済を最も表しているといわれている失業率に注目して下さい。

例えば、アメリカの失業率は地域別に細かく、グーグルでも見ることができます。
失業率が一番高いのはミシガン州、二番目はプエルトリコで20年近く10%から15%です。
低いのはノースダコタとサウスダコタ州。

ミシガン州は自動車産業の中心地デトロイトを持っています。今回急激に失業率があがったのもこのことが原因でした。
プエルトリコはアメリカの自治連邦区で属領もしくは保護領。自治政府による内政は認められますが、国防や外交はアメリカが行います。
現在は公務員の給与削減など、財政破綻も危惧されています。

ノースダコタ州は人口も少なく様々な政策で移民を呼び寄せているような州で、なぜ失業率が低いのかよくわかりません。でも、特徴があるのがアメリカ 国内で唯一地方自治体が所有する銀行があることで、国の制度で保護されているのではなく州が保証します。また、州が所有する製粉所もあります。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。