スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『逃げるお金に続け』 邱永漢、是非ご購入を!

邱永漢(きゅう・えいかん)先生(以下Q先生)の本がまた出版されます。
何百冊本を書かれるつもりでしょうか。
先生の文章はわかり易く、歯切れが良いです。

最新刊『逃げるお金の後に続け』と題してグラフ社から単行本として出版されます。(1300円+税金)

第4091回 「逃げるお金の後に続け」のご一読を
第4092回 日本で海外投資をする不便

<上記第4091回コラムの抜粋>

「災害者の救済なら誰しも分相応の負担に不平を言う人はいないでしょうが、誰が考えても歳入に比して予算が多すぎたり、日本の国債の格付けがダウンするときいただけでも誰しもお金を持った人は逃げ腰になります。

その上、円高で商売がしにくくなると、お金は誰に口説かれなくとも、日本という難破船からもっと安全な所はないかと逃げ腰になります。既にこの動きがはじまってから何年かの歳月がすぎようとしています。

お金は難破船の鼠よりずっと臆病ですから、気の早い人のお金はもうとっくの昔から海外に出稼ぎに出かけている筈です。
お金だけさっさと出かけて行って、人間が後に残っていたのではお金を見失ってしまいます。ですから人間もそのあとに続くことになります。

しかし、人間はお金ほどすばしこくはありません。そういう場合はどうしたらいいのでしょうか。」

Icesave2.jpg
【2008年末国有化と同時にアイスランド政府により口座凍結されたアイスランドのネット銀行アイスセーブ】

日本の大企業はますます海外移転、海外の人材の採用、海外市場への販売を強めています。日本の金融機関も海外投資や海外でのM&A案件をすすめています。中小企業や個人がどのようにしたらよいか。海外投資詐欺や日本の法律下の中なかなか動きにくいのが現状。やはりまずは知識を得ることが先決だと思います。


<上記第4092回コラムの抜粋>

「私が改めて皆さんの注意を喚起するまでもなく、日本でうろうろしていたのでは危いと思うお金の方がまだ少しずつですが、
日本から逃げ出しにかかっています。最近の新聞にも出ていましたが、円高もあって日本人の海外投資は年々ふえています。

日本国内の金儲けのチャンスが減る方向にあることも事実ですが、日本国債のランクが引き下げられたのを見てもわかるように、日本の財政状態は年と共に悪化する方向にあり、増税は避けられないと思う人がふえています。

中国株を扱う日本の証券会社もふえており、口座をつくりたい人から申し込みがあれば、すぐにそれにも応じてくれます。そのことは別に違法ではありませんが、日本の法律で日本人及び日本企業が海外企業の増資に応ずる場合は日本の大蔵省の許可を必要とする法律が今もそのまま生きているので、たとえば香港の上場会社が有償増資を発表すると日本に口座のある人はそれに応ずることができないのです。

本当は日本政府がこんな時代遅れの法律はさっさと廃止するか、顧客のために証券会社が議員さんに働きかける必要がありますが、どちらも怠慢なので、投資をしている人は増資の権利を放棄するか、権利落ち前に株の売却をして失権による損失を回避する必要があります。

新しく国海外投資をはじめた人はそういう事情を知らないために当惑して中には増資を発表した海外の上場会社に不平を鳴らす人もありますが、こうした不公平をさけるためには口座は日本の証券会社ではなくて現地の証券会社に移しかえるよりほかないのです。」

Japans debt to GDP ratio and ratings
【日本のGDPと国債格付け推移】

中国株を真剣にやっている人は香港の証券会社でやることをおすすめします。但し、日本人の株式投資は中長期が多く、取引額も小さいのであまり関係がないというのが実情ですけれども。。。。
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

邱世源(きゅうせいげん)さん

こういうことを書いてもいいのかわかりませんが、
私としては感謝の気持ちを込めて書かせて頂きたいと思います

今日は私の恩人である邱世源(きゅうせいげん)さんの命日です。
丁度5年前の今日、今生からさよならされました。

あの日頭が真っ白になりながら、香港の街をさまよい歩いたことを思い出します。
香港にいらっしゃってビジネスの話、他愛の無い話、ずっと一緒にいても本当に居心地が良かったです。

東京のお別れ会の時には、一人トイレの中で号泣していっぱしのプロになりますからと自分自身で誓いました。
今日はその第一歩を踏めたこともあります。

ほんとうに優しい人柄で世源さんに救われた人はたくさんいらっしゃると思います。
フランスでの絵画の話。著名な芸術家よりも一般の方、それこそ農家のおじさんなんかに
良い絵だねと褒められることに喜びを感じられていた世源さん。

アーティストの世源さんはビジネスの数字把握なども芸術家らしく直感でするどくご理解、指摘されてましたね。
本当に才能に溢れておられました。

食事の時も、何を食べるかご馳走を食べるのが大事ではない誰と食べるかだよとおっしゃった世源さん。
今の僕をみたら、そんなにあせらないでのんびりやりなさいよって言われそうですね。

地に足をつけて自分の本分を分かりながらも夢に、目標に向かってがむしゃらにやりたいと思います。
あの世であったらまた一緒に仕事をさせて下さい。

テーマ : 無題
ジャンル : その他

庶民の海外投資、今年はどう生きるか、次の10年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。風邪が長引いています。年末年始はタイのプーケットに行ってきました。たまにはのんびりするのも良いですね。たくさん本が読めました。

初心に帰ろうと思い久しぶりに邱永漢先生のHPをじっくり読みました。やはり勉強になりますね。
近々の記事では下記の3つが気になりました。

第3578回 庶民の海外投資が盛んになります
第3584回 ことしはどう生きるつもりですか
第3585回 次の10年に何が起るか考えましょう

庶民の海外投資が盛んになっているのは我々はまさに実感していることで、2009年は日本では本当に景気が悪いと感じる方々が多かったようですが、オフショア投資に関しては拡大傾向が止まらなくなっていると実感しています。政府は早急に対策を練らないと金融の違法行為は無意味な脱税が多発してしまいます。至急対応策を具体的に考えてもらいたいものです。

ことしはどう生きる積りですかでは、国民の一人一人が生きる工夫をしなければならない次の10年の最初の1年のはじまりということです。ですからテレビばかり見ていないで自分はどうしたらいいか真剣になって考える年のはじめですと喚起していました。香港も次の10年はどうなるかわかりません次の一手を考える必要があります。

次の10年に何が起るか考えましょうでは、次の10年に突出して財をなす人は多国籍にまたがって大規模農業に従事した人の中から出てくると私は見ていますとお金の神様はおっしゃっています。今新規ビジネスをする際に必ず話がでてくるのがこの農業の話。投資の世界ではすでに穀物や農業株で稼いだ人はでてきていますよね。

やはり一番大切なのは自分のものの見方で物事を自分で考え行動することです。私も初心に帰りもう一度自分の道をしっかり歩いていきたいと思います。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ

チベット仏教の最高位であるダライラマが台湾に訪問するというので、中華圏ではえらい大騒ぎになっています。

香港人もダライラマって、評判悪いよねと言っていました。日本ではそんな悪いイメージがないので、意外でした。チベット仏教そのものにはあまり詳し くないですが、昔の生物学者である南方熊楠が好きで曼荼羅の理論を書いた本などをよく読んでいたこともあり密教とかの考え方は興味深く感じています。あと はブラッドピットが主演していたセブンイヤーズチベットのイメージが強いですね。

ところが香港人達がダライラマやチベット仏教にもっているイメージは仏教徒にも関わらず肉や魚を自由に食べ、性行為も行うというような怪しい宗教と感じているようでした。それもやはり中国政府からの宣伝や情報操作が大きいです。

香港にいても今だに抗日戦争とか反日の映像はそういう時期になると増えますからね。こんだけ日本のモノが溢れているにも関わらず。。。

日本はその点自由に情報が検索でき、選択できますが、こと金融に限っては全く逆です。日本の金融機関、繋がっている政府、マスメディアの関係で完全におかしなことになっていますね。

外国語が苦手ということもあり、それを逆手にとっていい加減な商売をする日本人ありで、なかなかお金のことをちゃんとわかろうとしない日本人。お金は汚いものでもないし、放っておいて何とかなるものではありません。ちゃんと考えましょう。

入門編としてこんな本はどうでしょうか。
『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』
糸井重里さんと「お金の神様」邱永漢(きゅうえいかん)先生対談形式で非常に読みやすくなっています。
日本在住者と香港在住者のお金に対する感覚の違いがわかるかもしれません。

ほぼ日刊イトイ新聞でも見れます。
WEB版「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

私の原点「ほぼ日刊イトイ新聞」

「ほぼ日刊イトイ新聞」というのをご存知でしょうか?コピーライターとして有名な糸井重里さんが11年前にはじめたウェッブサイトです。

今日6月6日はその「ほぼ日刊イトイ新聞」が始まった記念日で1998年6月6日に始まりました。1998年というとつい最近のような気もします が、当時はまだまだインターネットもさほど利用されていない時代でしした。サッカーで言うと日韓ワールドカップの前のフランスワールドカップがああった時 代です。

さらに、日本人の海外投資にとっては画期的だったのが1998年で、この年に外為法が改正され、海外預金の保有などが自由になったのです。それまでは許可制でした。この年から日本人は自由に海外投資できるようになったのです。

表題である私の原点にほぼ日刊イトイ新聞がなったのは、糸井重里さんとお金の神様であり、前職の社長であった邱 永漢(きゅうえいかん)先生の対談形式の本に出会ったことからでした。その本の題名は「お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ」で、ほぼ日刊イトイ新聞でも取り上げられるようになりました。この本で受けた衝撃が私が香港へ来るきっかけとなりました。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。