スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトのスカイプ買収、スカイプを生んだエストニアという国

マイクロソフトがスカイプを買収するという大ニュース。
個人的なユーザーとしてはマイクロソフトとは一緒になってほしくなかった。。。

マイクロソフトはウィンドウズやオフィスでは優位なものの
それ以外の分野のユーザビリティはかなり低い。。。
スカイプのマイクロソフトのカルチャーに染まっていくとしたらさぞやビジネスライクになっていくんだろうなぁ。

一方、中国国内でのマイクロソフトのhotmailやwindowsメッセンジャーの使用可能度は
外資系ではナンバーワン。スカイプもうまく中国と協力すれば強力になることでしょう。

スカイプのすごいところはIT企業でかつ本社がルクセンブルクにあるところ。
ルクセンブルクの税金はやはり安い。しかも開発部門や従業員の約44%がエストニアの首都タリンに居住しているとか。
開発者がエストニア人で、共同経営者がスゥエーデン人だったことが理由でしょう。

詳しくは「ルクセンブルク経済通商省 東京貿易投資事務所」をご覧ください。

今回の買収はマイクロソフトにとっても最大の買収で買収額は85億米ドル(約6,800億円)。この額については英国BBCは疑問を呈していますし、Financial TimesではITバブルの再来だという意見があります。
下記の通りここ5日間のマイクロソフトの株価もいまいちであまり市場には評価されていません。
投資していた販売ポータルサイトeベイ、プライベートエクイティのシルバー・レーク、ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツなどは上場よりもこちらのほうが良かったかもしれません。追記、カナダの年金投資委員会(CPP)がスカイプの株式を所有していました。すごいですよね。さすが資産運用のプロを集めているだけある(この年金についてはまた次回調べて報告します)。

Micro soft stock price_04-10052011

日本からもこういう世界へ発信するような企業がでてこないものなんでしょうか。
エストニアから出るぐらいなのに。。。エストニアは人口たった134万人、ユーロ加盟国最少面積の小さな国。
しかし、バルチックタイガーと呼ばれ欧州でも有数の高い個人収入を誇っています。しかも国の負債が少なく2009年のデータではGDP比7.2%のみ。小国ながら消費電力の75%を自国生産で賄っています。

IT産業が堅調でヨーロッパのIT市場においてオフショア開発の拠点で、IT技術者が多い。
ヨーロッパではハンガリーに次いでハッカーが多いとも言われる。なぜなんでしょうか。

引き続き調べてみたいと思います。

Tornimae
【エストニアの首都タリンのビジネス街Tornimae】
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

沸騰しているマカオのギャンブル株

今月5月15日に久々に新しい大型カジノがマカオでオープンします。
その名も「ギャラクシーマカオ」149億香港ドルの投資額で建設され2,200室の5つ星ホテルがあり、タイからバンヤンツリー、日本からホテルオークラ、マカオギャラクシーホテルがあります。50近くのレストラン、バー、そしてブランドショップ、52,000スクエアフィート(約5,200㎡)のガーデンと世界最大ともいわれる350トンの砂浜つき4,000㎡のプールもあります。

日本のホテル御三家であるオークラホテルには頑張ってもらいたいです。

Galaxy macau

マカオのカジノ業界は前年比でも40%以上の売り上げをたたき出しており、近年はファミリー客も増加し観光業全体として歳入が増加してきています。中国政府の規制さえ入らなければこのまま順調に伸びていくことが期待されます。

香港に上場しているカジノ関連株は
・【00880】澳門博彩:マカオカジノ王スタンレーホー一家が所有する代表的企業。リスボア、グランド・リスボアなど。
・【01128】永利澳門:ラスベガスを変えた男と呼ばれるスティーブ・ウィン率いるウィン・リゾートホテル、カジノ。
・【01928】金沙中国:マカオのシンボルであるベネチアン、サンズ、フィッシャーマンズワーフを所有。
・【00027】銀河娯楽:今回オープンするギャラクシー、スターワールド、ワルド、シティクラブなどを所有。

Gambling company stock price May2011

香港のハンセン指数と比較してもすべてのカジノ関連銘柄が急騰しています。
2010年と比較しても株価は2倍。5月15日オープン記念でおみやげ株価上昇はあるでしょうか。
それともコモディティのように利益確定させて、過熱気味の市場から抜けるべきでしょうか。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

香港での新規上場(IPO)匯賢產業信託・フェイシェンリート(87001)

香港の株式市場では初めて中国人民元建ての新規上場が4月29日行われます。香港一、アジア一の富豪、李嘉誠が率いる長江実業の匯賢產業信託 (87001)です。

匯賢產業信託・フェイシェンリート(Hui Xian Real Estate Investment Trust)は不動産投資信託(REIT:Real Estate Investment Trust)で主な北京東方広場公司が所有する東方広場の土地使用権および建物の所有権を所有しています。

fn110412fh_0101_315.jpg


中国・北京にある東方広場は北京最大かつ代表的な商業地区です。東方広場の建築面積は約80万㎡で、主な建物は東方新天地(ショッピングセンター)、東方経貿城(高級オフィス8棟)、東方豪庭公寓(サービスアパート2棟)、北京東方君悦大酒店(グランドハイアットホテル)、1,900個の駐車場など。

中国の土地使用権や建物の所有権は有限であるので、そこまで魅力のある株ではありませんが、香港で最初の人民元建て上場を李嘉誠がやるところに意味を感じます。

SBI HDR


香港で上場預託証券となったソフトバンクインベストメントは相当苦戦していますが、香港の新規上場は額面で2010年世界一となり、上記のような今後人民元での上場も盛んになるとますます株式市場が活発になると思われます。

Grand Openings





テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

Q先生も推奨する資源株

邱永漢先生も最近のコラムで書かれていましたが(「次は資源の開発だと考えたので」)、注目すべきは資源株です。現在の世界的なインフレ状況を考えても、当然今は資源関係は投資の流れがきています。

中国株を日本語で調べるなら、昔から愛用させていただいている「サーチナ」さん。そこで「鉱業」業界銘柄を検索すると19社ヒットしました。
細かくみると鉱業でないものも含まれ、やはり四季報を辞書のように持ち歩くのが一番だと思いました。
中国企業で気をつけないといけないのは、コングロマリットになっているものも多く、本業を捨てて不動産をやりはじめたりする会社もあるので(社名も変えずに)、調べないとよくわかりません。

中国株の魅力はやはり一株1香港ドル(約11円)程度で1,000株単位で買えることですね。
パチンコ、居酒屋行くのを一回我慢すれば株が買えます。

ざくっとしか見ていませんが19銘柄のうち、多少見所のありそうなのが6銘柄。
いずれも0.3香港ドルから2.3香港ドルのものばかりです。

01380: 金石砿業 【大理石鉱山の運営及び大理石の採掘を手がける】
01194: 中国貴金属資源 【金鉱の採鉱、貴金属製品加工、食用油などの生産販売】
08071: 中彩網通 【鉱山の探査、採掘及び鉱物資源の精錬】
00433: 北方砿業 【資源探査、採掘、不動産リース、不動産管理などを行う】
00766: 中盈国金資源 【エネルギー事業への投資】
00061: 北亜資源 【農地保全事業やバイオエネルギー原料(穀物)栽培を手掛ける】

Mining Stock

細かな財務分析など行わないとだめですが、チャートだけみると2008年の金融危機以降にもピークを迎えているのが特徴的ですね。これからの潜在能力はいかに。

一方、Q先生の推奨銘柄はどうでしょうか。ブログより抜粋した銘柄です。
一世を風靡したレアアース銘柄と材木会社です。

00769: 中国稀土 【レアアース製品、耐火材料製品の製造・販売を行う】
00723: 永保林業 【林業会社】

Q stock 19April2011 B

レアアースのほうは周知の通り、需要と共に右肩上がりの株で、この株で利益をあげた方も多いのではないでしょうか。
一方、最近香港でも注目されつつある永保林業ですが、株価は0.5香港ドルで投資しやすい価格帯。
ただし、PER(株価収益率)などのデータをみると考え込んでしまいますが、中国株は数字ではわからない成長力を秘める場合もあります。

先生がはずしがちな銘柄の感じもしますが、材木不足であることは我々にも聞こえてきます。
とはいえ資源関係の株式というのは資源高の恩恵を受けながらも、企業の成績に左右されますので、
あまり心配したくない人は資源を直接買うことをおすすめします。参考「以前のブログ記事」。

そんな中、株価はすでに高いのですが、値上がりして当然だなぁという株が目に入りました。
幼児の栄養食品製造の会社です。以前中国の毒ミルクの問題が社会問題となりましたが、
日本での原発問題により幼児の食品関係は品不足が続いています。
子供は宝ですから、みなお金も惜しみませんし、注目される業界です。

01112: 合生元国際 【乳幼児向けの栄養食品、ヘルスケア用品を手がける】

01112.jpg

香港のハンセン指数と比較してもこの通りで、右肩あがりで13香港ドルを超えました。
ここまでくると、株価的に苦しいのかと思いますが。納得のいく伸び率ですね。

中国株は成長力があり、投資額も小さく始められます。是非、勉強しながら投資することをお勧めします。
一番いいのは自分で運用を勉強して自己責任で誰も恨まずに資産を増やすことです。

※尚このブログは投資商品の勧誘や銘柄推奨をするものではありません。主に自分に宿題を課すために書いています。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

どうなる東電株

東京電力(9501)の株を塩漬けにされている方が多くいらっしゃると思います。
もともと電力株は安定しているところに魅力があったものですが、今回の事態は深刻な状況です。
同業種である関西電力や中部電力も同じように下落しています。

このような災害などで短期的に状況が一時的に変化する環境はヘッジファンドにとっては利益を出し易い状況にあり、
今回のような場合、イベントドリブン(Event Driven)という戦略をとる場合、東京電力は投資対象になったと思われます。
イベントドリブン戦略とは特別な状況下におかれている企業に投資をおこない、企業価値のひずみの中に収益の機会を見つける戦略です。

さらに今回の手法はショートスクイーズ(Short Squeeze)と言います。株価の売却注文が集まっているところに株式市場が閉鎖に向かう時間帯に意図的に大量の買い注文をぶつけて、株価が割安感で買い注文が入ったと思わせ、時間外取引や翌日の市場で多くの売り手が買い戻しを入れ、株価が上昇したのに合わせて売り抜けるようなやり方です。

今回の東電では数回同じような動きが見受けられます。日経平均の戻りは早かったですが、電力会社の動きは同じような推移です。

TEPCO 1MR-14APRIL

一方、香港市場および電力株はまた全然違う動きをしております。
代表的な華能国際電力(00902)や大唐国際発電(00991)を見てみましたが、震災の後アジア株全体で下がりましたが、その後は反発しました。

中国電力会社

ヘッジファンドのようなショートスクイーズのような投資は仕掛ける側にとっては利益を生み出しますが、リスクもそれなりに伴います。一般投資家は投資の基本原則どおり成長国経済にのりながら投資することをお薦めします。

また、個別銘柄は細かくみないとなんとも言えませんが、電力会社そのものは安定性のほうが魅力で急激な成長力というものはあまり見込まれません。今後、東電は金融危機後の米国保険会社AIGや米国自動車GMのようになる可能性が大きいので、難しい局面にあります。

ただしシティバンクのように1米ドルから株価が3から5倍になるような場合もありますから、何ともいえませんが、国際的に事業展開をできていたからこのような株価回復が可能でした。電力の場合は地域密着の度合いも濃く、難しいとしか言えません。損切りも投資には重要です。機会費用を失わないように自分の資産については頭をフル回転させて考えてください。

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hkg

Author:hkg

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。